トップページ > 各種保険の仕組み

各種保険の仕組み

自動車の保険は大きく分けて、新車・中古車に関係なく購入する際に強制的に加入させられる「自賠責(自動車損害賠償責任保険)」と、加入が義務付けられておらず、一人一人が自由に加入する「任意保険」の2つがあります。

▽自賠責保険

事故に巻き込まれた被害者が賠償金をもらうことができず、泣き寝入りするのを防ぐために誕生したのが“自賠責保険”です。
自賠責保険は、被害者の救済を目的としており、対象は対人のみに限られています。(物的損害は対象外)被害者である運転手やその同乗者、あるいは歩行者のケガや死亡したのみに賠償金が支払われ、加害者に支払われることはありません。

自賠責保険に加入していなかったら、それらの賠償金はすべて自己負担になってしまいます。また、加入していないことで「義務に反した」ことになり、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金となります。加入していても証明書を所持していないと30万円以下の罰金となり、加入せずに無保険での運転は交通違反となり、違反点数6点が減点されるので即免許停止処分となります。

加害者が自賠責保険に入ってない場合、国が加害者に変わって被害者に損害のてん補を行いますが、国は被害者の損害賠償請求権を代位取得し、損害賠償責任者に対して求償を行います。

自賠責保険の限度額

◎傷害による損害(治療費・治療関係日・休業損害及び慰謝料が含まれます)
 限度額120万円(被害者1名につき)
 
◎後遺障害による損害
 障害の程度に応じて逸失利益および慰謝料が支払われます。
 ①神経系統の機能や精神・胸腹部臓器への著しい障害で介護を要する障害
  常時 介護を要する場合(第1級)限度額4,000万円(被害者1名につき)
  随時 介護を要する場合(第2級)限度額3,000万円(被害者1名につき)
 ②上記以外の後遺障害
 (第1級)3,000万円 ~ (第14級)75万円

◎死亡による障害
 葬儀費・逸失利益、被害者および遺族への慰謝料が支払われます
 限度額3,000万円(被害者1名につき)

※しかし、被害者に重大な過失があった場合や、受傷と死亡または後遺障害との間の因果関係の判断が困難な場合は減額の可能性もあります。

▽任意保険

任意保険は自賠責保険とは違い、強制ではなく自分の意志(任意)で加入する保険です。自賠責保険は最低限しか補償されませんが、その足りない部分を補うために必要となるのが任意保険です。
現在、車やバイクの運転をされるほとんどの方は、何かしらの任意保険に加入しています。任意保険に加入していないと自賠責で補えなかった賠償金を支払うことができず、自宅を売却したり自己破産したりといった事態に陥ってしまいます。
そうならないためにも、任意保険に加入するのが賢明とされています。

任意保険の種類

◎賠償責任保険 … 相手や相手の物に対する保険。交通事故で相手にケガを負わせたり、車を破損してしまった場合に支払われる保険金
・対人賠償保険 … 他人にケガをさせてしまったり、死亡させてしまったりした場合
・対物賠償保険 … 車や壁、ガードレールなどの物を破損してしまった場合

◎傷害保険 … 自分や同乗者に対する保険。交通事故で自分だけでなく同乗者がケガなどで入院や通院、死亡してしまった場合に支払われる保険金。
・搭乗者傷害保険 … 運転手を含むすべての同乗者が、ケガや死亡した場合
・自損事故保険 … 誰も巻き込まず自分だけで起こした単独の事故を起こした場合
・無保険者傷害保険 … 相手が保険に加入していても保険金が少なく、賠償金を支払う能力がない場合
・人身障害補償保険 … ケガをした場合の治療費などを自身の過失部分も含め、全額負担してもらえる

◎車両保険 … 自分自身の車に対する保険。交通事故で破損した自分の車の修理代などが支払われる
・自分の車が破損した場合

これだけある任意保険の種類ですが、何でも加入しなければいけないというわけではありません。任意なので、「自分は何の保険に加入しておくべきか」を考えて加入するといいでしょう。基本的には、「対人賠償保険」、「対物賠償保険」、「搭乗者傷害保険」、「人身傷害保険」を組み合わせて加入するといいといわれています。

  • 24H受付フォームはこちら
  • ブログ