トップページ > 後遺症について

後遺症について

交通事故による後遺症

後遺症とは、治療を続けたにも関わらず完治せずに残ってしまった機能障害などの症状のことを指します。
似た言葉に「後遺障害」がありますが、こちらは「自動車事故による傷害の治療が終了したときに残った傷害が交通事故と因果関係があり、将来においても回復困難と見込まれる精神的または身体的な毀損(きそん)状態であり、その存在が医学的にも認められ、労働能力を失うもの」と定義づけられている法律用語です。

つまり、後遺症は交通事故により受傷し、治療の末に残ってしまった症状であり、後遺症のうち、要件が満たされたものが「後遺障害」として等級認定され、損害賠償請求の対象となります。

しかし、後遺症のすべてが賠償の対象になるわけではなく、また、同じ症状でも後遺障害等級認定が変わることがあります。

  • 24H受付フォームはこちら
  • ブログ